新型コロナウイルスによる経営破綻2000件

東京商工リサーチは、新型コロナウイルス感染症の影響による経営破綻が全国で累計2,000件に達したと発表した。コロナウイルス関連の金融支援策は継続しているが、業績不振が長期化しており、今後もコロナウイルス関連の経営破綻は増加をたどる可能性が高まっているとしている。